モンゴル下水道技術者研修を実施しました(2012年11月30日)

平成24年11月30日、日本下水道協会においてモンゴル下水道技術者研修を行いました。この研修は在モンゴル国のJICAシニアボランティアの仲介により実施されたものです。研修は同シニアボランティアの出身地(鳥取県岩美町)での施設視察などを主体に行われ、日本下水道協会では講義を中心とした研修を行いました。

参加者はモンゴル・ドルノゴビ県のムンフバータル氏を団長とする公益事業会社(公社等)の職員、計11名でした。

1. 研修の全体日程

27日(火) 岩美町の下水道事情説明、下水道施設見学ほか
28日(水) 岩美町の下水道施設見学ほか
29日(木) 鳥取県東部広域行政管理組合のし尿処理施設、コンポスト施設視察
30日(金) 日本の下水道事業、技術・製品などの講義(場所:日本下水道協会)

2.  日本下水道協会で実施したプログラム(添付日程)

日本下水道協会からは日本の下水道事業と題し、事業発展の経緯、下水道システム、維持管理体制などを説明しました。その後、GCUS企業会員より各社の技術・製品についてPRがあり、モンゴルの方々は日本の最新技術を熱心に聴講されていました。今回はモンゴル国ドルノゴビ県と交流されている静岡県からも数名参加され、モンゴル国はもちろん、国内にとっても充実した情報交換・交流ができたものと思われます。

本会職員による講義       講義の様子       研修団長より記念品贈呈