下水道海外ビジネス展開共同研究活動

事務局:(財)下水道新技術推進機構

GCUSでは、海外展開に意欲をもつ下水道関連企業と共同で、日本企業の海外ビジネス展開に必要な海外の現状分析や実績把握、課題検討を行い、日本の固有技術の海外展開の可能性の検討を行っています。

共同研究の進め方

共同研究では、以下の4項目の内容について分析調査をしながら議論して平成21年度末に報告書としてまとめていく予定です。

  1. 国際社会における下水道海外ビジネス展開の現状分析
  2. 日本企業による海外ビジネス展開の実績把握
  3. 海外ビジネス展開における制度上の課題
  4. その他

これらの研究内容について、次の4つの分科会を組織しています。

  1. 海外動向調査委託分科会
  2. 国内企業実績調査分科会
  3. 海外支援技術マニュアル分科会
  4. 本邦企業情報発信分科会

共同研究メンバー

株式会社 石垣、株式会社 エヌジェーエス・コンサルタンツ、荏原エンジニアリングサービス株式会社、オリジナル設計株式会社、株式会社 クボタ、株式会社 建設技術研究所、JFEエンジニアリング株式会社、株式会社 神鋼環境ソリューション、積水化学工業株式会社、月島機械株式会社、株式会社 東京設計事務所、株式会社 東芝、株式会社 日水コン、日本工営株式会社、日本水工設計株式会社、日本ヘルス工業株式会社、株式会社 日立プラントテクノロジー、メタウォーター株式会社、財団法人 下水道新技術推進機構(以上19件)

活動の状況

2009年7月22日
第1回研究会開催