国際協力活動の展開支援

下水道グローバルセンター(GCUS)では、下水道に関する国際協力活動の展開を支援するために、以下の活動を実施いたします。

海外での現地調査・広報活動

海外における下水道の普及状況、施設の稼働状況、管理・運営上の問題(体制、制度等の整備状況など)、質的向上のニーズ(下水再生水利用、汚泥の資源化など)などに関する現地調査を実施します。
また、本邦技術に関するワークショップ等を海外で開催し、我が国の下水道技術に関する広報活動を行います。

案件形成等の情報提供

我が国のノウハウを結集した持続可能な下水道システムを提案・普及させるためには、案件形成段階の情報が重要であるため、このため、過去に我が国で研修を受けた海外政府幹部や我が国から海外に派遣されている職員等と連携し、現地の情報収集をし、案件形成等に活用します。

案件形成等の情報提供

我が国のノウハウを結集した持続可能な下水道システムを提案・普及させるためには、案件形成段階の情報が重要であるため、このため、過去に我が国で研修を受けた海外政府幹部や我が国から海外に派遣されている職員等と連携し、現地の情報収集をし、案件形成等に活用します。

研修の受け入れ支援、過去の研修実績の評価

JICA等の実施する事業における研修について支援を行います。GCUSでは、研修内容や各機関の役割分担を総合的に検討するとともに、産学官のノウハウが活かされるように幅広い検討を行います。また、研修生からの情報を集積して、今後の活動に活かします。
さらに、過去の下水道に関連した研修実績を評価検証し、今後の研修の改善に役立てます。

GCUSによる研修支援のイメージ
図.GCUSによる研修支援のイメージ


対象国のニーズ等に合った本邦技術等の適用検討

海外における国際協力の対象国について、国別のチームをGCUS内に形成し、対象刻のニーズに合った本邦技術の適用を検討します。

GCUSにおける対象国に合った本邦技術等の適用検討スキーム
図.GCUSにおける対象国に合った本邦技術等の適用検討スキーム