第6回GCUS/JSWAセミナーを開催しました(2012年12月18日)

平成24年12月18日、日本下水道協会において第6回GCUS/JSWAセミナーを開催しました。下水道グローバルセンター(GCUS)会員である、下水道関係法人10団体、地方公共団体等17団体、民間企業21団体を参加対象としてご案内したところ、年末のご多忙の中、20名を超える参加者がありました。
セミナーでは、最初に日本下水道協会より11月に開催されたベトナム水展示会「VIETWATER2012」の報告を行い、次に、国土技術政策総合研究所の森田下水道研究官より、10月に実施した「東欧における本邦先端下水道技術の市場調査報告」と題し講演頂きました。この調査はフィンランド、オーストリア、ポーランド3ヶ国の下水道の実態把握、下水道先端技術のニーズ、北欧諸国とのネットワーク形成などを目的に実施されたものです。各国でビジネス展開をするためには「ローカル企業との連携が重要なポイント」とのことでした。
また、下水道協会誌でも概要を報告する予定ですので併せてご覧ください。

日本下水道協会 山田氏による講演     森田下水道研究官による講演

【発表資料】(GCUS会員限定:メンバーエリア「平成24年度報告書等」)

(公社)日本下水道協会 技術研究部 国際課
(GCUS事務局)