下水道分野における自治体の国際交流活動について 東京都×東南アジア諸国

日本側団体名

東京都

相手国名

タイ、インド、ベトナム、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール

相手都市名

バンコク、デリー、ハノイ、ジャカルタ、クアラルンプール、マニラ、シンガポール

事業・活動等の名称

アジア大都市ネットワーク21(ANMC21)

活動期間

平成13年度から

事業の概要 及び 実施状況

1.経緯

  • 石原知事の提唱により発足したのもので、アジア地域の首都及び大都市が、新技術開発、環境対策、産業振興など共通の課題に取り組むため、共同して事業を推進し、その成果をアジア地域の繁栄と発展につなげていこうという、国際的ネットワークです。
    平成13年10月、ANMC21の第1回本会議が開催され、東京都下水道局は共同事業のひとつとして、「下水道維持管理技術者研修」を提案し、採択されました。

2.下水道維持管理技術者研修

  • 各都市の下水道維持管理技術者を対象に、省力的で効率的な維持管理技術の習得を目的としています。
    平成14年度から毎年度研修を実施し、平成22年度までに各都市から延べ59名の研修生が受講しています。
    平成22年度における国際会議の参加は、下図のとおりです。
コース 研修の概要 実施期間 受入れ人数 都市別内訳
短期 都の下水道施設の維持管理技術や下水道に関する先進技術について、講義及び施設見学を実施した。 22.11.15~
22.11.19
3名 デリー 2名
トムスク 1名

日本側連絡先

東京都下水道局総務部総務課
担当  夫津木
TEL 03-5320-6506