下水道分野における自治体の国際交流活動について 横浜市×全般

団体名

横浜市

<下水処理の運転操作等技術協力>

内容

下水道事業では、独立行政法人国際協力機構(JICA)等からの依頼により、専門家を派遣し、下水処理の運転操作等技術協力を行ってきました。
また、海外からの研修生を受け入れ、講義や施設見学を通じ、維持管理や運営などについて技術協力を行っています。

表-1.研修生受入状況
総計 アジア 中南米 欧州 中東 大洋州
H21年度 国数 24カ国 15カ国 2カ国 6カ国 1カ国 1カ国
H21年度 人数 303人 227人 34人 39人 1人 2人
H22年度 国数 10カ国 4カ国 0カ国 4カ国 2カ国 0カ国
H22年度 人数 236人 217人 0人 11人 8人 0人

連絡先

横浜市環境創造局企画部企画課
担当 折居、河野
TEL 045-671-3865

<Y-PORT事業>

内容

横浜の技術を活かした公民連携による国際技術協力「Y-PORT」

【Y-PORT事業の概要】

横浜市では、「横浜市中期4か年計画」の横浜版成長戦略に、「海外ビジネス展開戦略」を位置づけ、「横浜の資源・技術を活用した公民連携による国際技術協力」を「Y-PORT事業」と呼称し、新興国等の都市課題解決支援(社会的責務)と市内経済の活性化(経済成長戦略)に、本格的に取り組んでいます。

Y-PORT事業ホームページ:

http://www.city.yokohama.jp/me/keiei/kyoso/yport/yport/yport.html

Y-PORT事業 相関図

連絡先

横浜市政策局共創推進室国際技術協力課
TEL 045-671-4396